【15分で設定】独自ドメインアドレスでメールしよう!

職場にてパソコンの初期設定をする際、メール設定でつまづき途中で管理者に投げた経験はないでしょうか。

私はあります。

しかし、今は「仕方ないことだ!」と断言できます。

なぜなら・・・   ※「まとめ」で後述

この記事では、独自ドメインのメールアドレスを入手しメールを開始するまでの手順を所用時間15分で紹介していきます!

目次

メールの種類

メールアドレスは3つの種類に分けられます。

①フリーアドレス:Gmail(@gmail.com)やYahoo!メール(@yahoo.co.jp)など、主にWebで使用

②キャリアアドレス:ソフトバンク(@softbank.ne.jp @i.softbank.jp)ドコモ、auなど、主に携帯で使用

③独自ドメインアドレス:企業や学校毎に設定している(@[独自ドメイン])、主にPCで使用

普通に生活していくだけなら①②のみで事足ります。

しかし、会社に勤務する場合は③を扱うことは避けられません。

個人でも③は必要となることが多く、ビジネス・就職活動ではセキュリティ面で①が推奨されなかったり、法人向けサービスだと③しか登録を受付けないこともあります。

信用の独自ドメインともいえるでしょうし、副産物として自分のサーバーを持てるのでWebページも作成可能です。

この機にぜひ入手してください!

手順

STEP 1 サーバー契約(家を建てる)所用時間5分

STEP 2 ドメイン契約(住所を決める)所用時間5分

STEP 3 メールサーバー設定(郵便受を設置する)所用時間2分

STEP 4 メーラー設定(郵便受から手紙を取ってくる)所用時間3分

なお、メールの仕組みを本格的に理解したい場合はこちらの記事がおすすめですが、まずはこのまま設定を進めちゃってください。

【初心者向け】メール送受信の仕組みについて解説!SMTP、POP、IMAP、DNSとは?|blastmail

STEP 1 サーバー契約(家を建てる)

サーバーを契約します。

すでにお持ちの場合はSTEP 2 へお進みください。

なお、この記事ではXサーバーを例に以降を進めますが、レンタルサーバー会社によって大きくは変わらないので問題ありません。

さて、Xサーバーを契約する際はこちらの記事をご参照ください。(所用時間5分)

初期費用3,000円、月利用費1,000円で済むので業界最安です。

https://letstryanything.com/startwordpress/

STEP 2 ドメイン契約(住所を決める)

さて、サーバーが契約できればすでに無料ドメインの利用権を持っている状態です。

そもそも、ドメインとは下記の場所に入ってくる文字列です。

【URL】https://ここ/***
【メールアドレス】***@ここ

無料ドメインはレンタルサーバーの会社名が入っているもので、Xサーバーだと●●●.xsrv.jpというような文字列になります。

有料ドメインは●●●以降も任意で決められるので .com や .co.jp など好きなものを設定できます。

コストは取得に数千円、利用費で年間数千円という相場ですので、法人のホームページやメディア運営でなければ無料でも問題ないでしょう。

なお、Xサーバーだとサーバー契約者はドメインが永久無料です。

せっかくなので登録した方が良いかと思います!

無料のドメインは下図②キャンペーンドメインから設定してください。

直感的に設定できると思いますが、不明点はこちらの記事をご参照ください。(所用時間5分)

ドメイン新規取得手順|Xサーバー

STEP 3 メールサーバー設定(郵便受を設置する)

サーバーは一つのフォルダで、その中に用途毎にフォルダを作っていくものです。

今回はメールを保存するためのフォルダを作りますが、そのメール用フォルダをメールサーバーと呼んでいます。

と言っても、実際に行うことはメールアドレスの作成です。

メールアドレスとは、言葉の通りどのサーバーのどのメールサーバーにメールを届けるかという住所的な意味なのです。

さて、設定はサーバーの管理画面で行いますので、下リンク先のマニュアルをご参照ください。(所用時間2分)

メールアカウントの追加|Xサーバー

STEP 4 メーラー設定(郵便受から手紙を取ってくる)

最後にメールアプリ「メーラー」の設定です。

まず、メーラーとはメールを書いたり送信したりするアプリのことですが、
彼らの役割は
①メールサーバーから受信メールを持ってくる
②書いた送信メールをメールサーバーに持っていく
という2つです。

言い換えれば、メーラーは郵便受(ポスト)の場所を知っているだけの“お手伝いさん”なので、場所さえ教えてあげれば誰にでもできます。

そうです。実はメーラーはご自身の好きなもの使うことができるのです。

ここではiOS(Mac、iPhone)ユーザーを対象に説明します。

なお、Windowsやアンドロイドに関しても基本的には同じですので、使いたいメーラーの設定方法を下記リンクよりご参照ください。

メーラー設定方法|Xサーバー

上記リンクになくとも、どのレンタルサーバー会社、メーラーでも説明はあるはずなので検索してみてください。

Mac・iPhoneユーザー

Webで調べると、Outlookが必要とか、フリーソフトをダウンロードしなきゃいけないとか、書いてありますが、それらは全てアフィリエイト記事(そこから注文やダウンロードがあれば成果報酬が入る)なので、鵜呑みにしないでください。

もっと簡単に安全に無料で使えます。

それは、デフォルトでインストールされているメールアプリです!

Mac   iPhone 

設定方法はログインするだけなので非常に簡単ですので、ぜひ両方とも設定してください。

ここではMacを例に説明いたします。

  1. 画面上のツールバーから メール>アカウント を選択
  2. メールアカウントをクリック
  3. 名前、アドレス、PWを入力
    名前は任意です。
    メールアドレスとパスワードはSTEP3で設定したものです。
  4. 下記画面が表示されるので入力

    メールアドレス  :そのまま
    ユーザ名     :メールアドレスそのまま入力
    パスワード    :そのまま
    アカウントの種類 :
       【推奨】IMAP →MacとiPhoneで同期可能
                    POP→同期不可
    受信用メールサーバ:下図参照、STEP 3 でアドレスを作成した画面です。
    送信用メールサーバ:下図参照、受信用と同じことが多いです。
  5. ver.によって下図が出てきますがすぐ変更できるので両方チェックでOKです。

以上で完了となります。

iPhoneのメールアプリについても設定画面までの道のりが少し異なるだけで基本は同じですので、下リンクをご参照のうえ設定してみてください。

iPhoneメール設定|Xサーバー

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冒頭で企業ドメインのメーラーは初期設定が自分でできなくても仕方ないとお伝えしましたが、、、

理由は、「メールサーバーのドメインが必要だから」でした!

「アカウントの種類」「受送信メールサーバー」など出てきたらもうシステム担当に頼るしか考えられなくなりますよね。

※大企業やシステム管理者が強い場合は、STEP4手順③だけで完了する場合もあります。

とは言え、今回は一見難しそうなサーバー、ドメイン、メーラーなどの設定を、短時間でストレスなく行えたのではないでしょうか。

ここではXサーバーとMacデフォルトメーラーを例にご説明しましたが、どんな組み合わせでも手順は同じです。

手順さえ理解していればご自身で公式マニュアルをさがして設定できてしまいます。

ぜひこの機にメールの設定方法を習得してITリテラシーの高い人材になってください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

三村大輝 三村大輝 アドリーチ代表

2016.03      埼玉大学 工学部 卒業
2016.04~2018.07 株式会社LIXIL(トイレ生産ライン立上げ)
2018.08~2020.07 株式会社未来(ブランドマネージャ)
2020.08      アドリーチ 設立

コンセプトメイクからブランディング、レスポンス広告、卸、CRMまで、マーケティングの全工程を経験し独立。現在はスタートアップや中小企業の新事業を対象にマーケティング 戦略立案と代行をしている。

目次
閉じる