GTM(GoogleTagManager)設定方法

目次

STEP1. アカウント作成

STEP2. コンテナ作成

STEP3. GTMインストール

STEP4. 各種タグ設定

設定すべきは2つ「タグ」「トリガー」です。

タグ

トラッキングコードのことです。GTMを使わずにWebページのHTMLに埋め込む(直埋め)場合はかなり長い状態ですが、GTMを使う場合は、その長いコードの中からIDだけを抜き出して簡単に設定することができます。

トリガー

上記のタグが発火(1カウントする)条件を指します。この条件はタグの種類で判断します。

Googleアナリティクス ユニバーサルタグ

全ページに入れるべきタグなので「AllPageView」となります。

STEP
タグの種類

「Googleアナリティクス ユニバーサルタグ」を選択します。

STEP
Google アナリティクス設定

プルダウンから「新しい変数…」をクリック

STEP
新しい変数を作成

Googleアナリティクス イベントタグ

STEP5. プレビューモードで発火確認

STEP6. 公開

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

三村大輝 三村大輝 アドリーチ代表

2016.03      埼玉大学 工学部 卒業
2016.04~2018.07 株式会社LIXIL(トイレ生産ライン立上げ)
2018.08~2020.07 株式会社未来(ブランドマネージャ)
2020.08      アドリーチ 設立

コンセプトメイクからブランディング、レスポンス広告、卸、CRMまで、マーケティングの全工程を経験し独立。現在はスタートアップや中小企業の新事業を対象にマーケティング 戦略立案と代行をしている。

目次
閉じる