【広告媒体別】URLパラメータの理解

目次

Yahoo!広告

Yahoo!広告をクリックした際のリンク先URLは下記の通り。

https://gorillarentacar.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand&yclid=YSS.1001133904.EAIaIQobChMIv-2-3LjI6wIVzH8rCh3IWQIYEAAYAyAAEgJCfPD_BwE

パラメータ毎に改行すると下記のようになる。

  1. https://gorillarentacar.jp/  
  2. ?utm_source=yahoo
  3. &utm_medium=cpc
  4. &utm_campaign=brand
  5. &yclid=YSS.1001133904.EAIaIQobChMIv-2-3LjI6wIVzH8rCh3IWQIYEAAYAyAAEgJCfPD_BwE

1については、通常のURLである。

2〜4は広告の「URLオプション」の「トラッキングURL」を用いて設定したGoogleアナリティクスパラメータ(utm)である。

5については、Yahoo!広告では必ず付随する「自動タグ」であり、ITP(AppleのSafariにてcookieが取れなくなった)対応によるものである。

なお、Yahoo!広告管理画面では下図のようにキャンペーン単位で設定している。

Yahoo!広告設定画面

この記事を書いた人

三村大輝 三村大輝 アドリーチ代表

2016.03      埼玉大学 工学部 卒業
2016.04~2018.07 株式会社LIXIL(トイレ生産ライン立上げ)
2018.08~2020.07 株式会社未来(ブランドマネージャ)
2020.08      アドリーチ 設立

コンセプトメイクからブランディング、レスポンス広告、卸、CRMまで、マーケティングの全工程を経験し独立。現在はスタートアップや中小企業の新事業を対象にマーケティング 戦略立案と代行をしている。

目次
閉じる